株式会社野村総合研究所(以下「NRI」)は、2021年7月、マイクロソフトの Gold コンピテンシー パートナーの中でも、特定の分野に関する深い知識や、高度な専門性を有するパートナーに与えられる「Advanced Specialization」を、「Web アプリケーションの Microsoft Azure への最新化」分野で、取得しました。

また、今回の「Advanced Specialization」取得にあたって行われた監査においては、以下 2点の活動が「強み(Strength)」として、特に評価されています。

- 1. Webアプリケーションの Microsoft Azure への最新化(Modernization)の提案・支援を、お客様へご提供する際に、セキュリティフレームワークや、設計ガイドラインをはじめとする、標準化されたフレームワークについて、NRIとして確立された提案手法や、資料・ドキュメントが整備されていること。

- 2. NRIグループ横断で、実際のプロジェクトを基にした知見・ノウハウを継続的に集約し、定期的な勉強会やレビューを通じて、エンジニアの技術スキルや、コンサルタントの専門性を向上させ、ソリューション・サービスの品質を管理・維持していること。

これからも NRI は、Microsoft Azure の活用を通じて、コンサルティング、システム開発・運用、マネージドサービス提供などの様々な形態で、DX(デジタルトランスフォーメーション)を目指すお客様がクラウド活用において直面する課題の解決を支援し、DX の実現に取り組んでいきます。


日本マイクロソフト株式会社からのエンドースメント

日本マイクロソフトは、この度の株式会社野村総合研究所様の「Advanced Specialization」における「Web アプリケーションの Microsoft Azure への最新化」の取得を、心より歓迎申し上げます。

「Advanced Specialization」は、マイクロフトの Gold コンピテンシー パートナーの中から、特定分野での複雑なソリューション領域において、特に高度な専門性を有するパートナーに与えられます。「Web アプリケーションの Microsoft Azure への最新化」においては、Lift and Shift と呼ばれる単純なクラウド移行だけでなく、現在は PaaS を中心としたクラウドネイティブなアーキテクチャによるアプリケーション開発が、クラウドプラットフォームのメリットを最大限に活用するために、非常に重要となっており、お客様からの要望も高まっております。

株式会社野村総合研究所様は、長年の経験から PaaS 活用ノウハウを活かした開発を熟知されおり、「お客様の変化し続けるビジネスニーズを満たしたアプリケーションの最新化」を実現できると、確信しております。

今後とも、日本マイクロソフトは、株式会社野村総合研究所様との強力な連携を通じて、お客様のデジタルトランスフォーメーション推進に貢献して参ります。

日本マイクロソフト株式会社
パートナー事業本部
パートナー技術統括本部
業務執行役員 統括本部長
佐藤 久

※ PaaS:Platform as a Service の略で、アプリケーションソフトが稼動するためのハードウェアや OS などのプラットフォーム一式を、インターネット上のサービスとして提供する形態。


NRIの Microsoft Azure における取り組み

野村総合研究所(NRI)は、マイクロソフトの Gold コンピテンシー パートナーとして、コンサルティング、システム開発・運用、アナリティクスといった幅広い分野で、お客様の課題解決に Microsoft Azure を活用し、DX の実現に取り組んでいます。

また NRIは、「Cloud Platform」 「Application Integration」 「Application Development」 「DevOps」 「Data Analytics」のそれぞれの専門分野における技術力で、マイクロソフトにおける複数の Gold コンピテンシーを取得しています。

・atlax / ソリューション・サービス / Microsoft Azure ※カテゴリーTOPページ

・atlax / NRIのエキスパート / 畑 寛之 - Microsoft Azure

・atlax / ブログ / Microsoft Azure のはじめ方(契約編) - Azure の 契約形態、技術サポート、CSP、金融機関向け変更契約 -

Application Modernization

NRIのマルチクラウド・マネージドサービス「atlax」の Microsoft Azure におけるサービスメニュー「Application Modernization」では、オンプレミス環境で稼働しているアプリケーションについて、Azure IaaS 環境へのマイグレーション(移行)だけではなく、App Service や Azure Kubernetes Service(AKS)を用いた クラウドネイティブなアプリケーションへのモダナイズなど、お客様のご要望に応じたアプリケーションモダナイゼーション(アプリケーションの最新化)を支援します。

さらに、Azure DevOps を用いた CI/CD 環境の導入、Azure Active Directory によるアカウント管理や認証、Security Center や Azure Policy によるセキュリティ・統制 など、多種多様な要件に対して Azure サービスを最大限に活用し、対応することが可能です。

※ IaaS:Infrastructure as a Service の略で、システムの稼動に必要な仮想サーバやネットワーク機器などのインフラを、インターネット上のサービスとして提供する形態。
※ App Service:お客様の Web アプリを構築、デプロイ、スケーリングするための、Azure の フル マネージド サービス。
※ Azure Kubernetes Service(AKS):高可用性で安全な、Azure の フル マネージド Kubernetes サービス。
※ Kubernetes(クバネティス、クーベネティス): オープンソースのコンテナオーケストレーション用のツール。現在利用されているコンテナオーケストレーションツールの中でも、多くのシェアを持つ代表的なツールとなっている。
※ CI/CD(継続的インテグレーション / 継続的デリバリー):アプリケーションのリリース頻度を高めるための手法のこと。CI(Continuous Integration)は、ビルドやテストを自動化する手法。CD(Continuous Delivery)は、デプロイ(運用環境への配置)から リリース準備までの作業を自動化する手法を指す。
※ Azure Active Directory(Azure AD):マイクロソフトが提供するクラウドベースの ID および アクセス管理サービスのこと。ID の管理とセキュリティ保護のためのユニバーサル プラットフォーム。


お問い合わせ

atlaxでは、Microsoft Azure や、Application Modernization(アプリケーションの最新化)をはじめ、ソリューション・サービス全般に関するご相談やお問い合わせを承っております。



関連リンク

・Advanced Specialization (高度な専門性) ※外部サイト(マイクロソフト パートナーネットワーク サイト)へ

・2021/07/15 野村総合研究所、マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2021 「Retail & Consumer Goods アワード」を受賞 - 2020年の「Application & Data Modernization アワード」に引き続き、NRIは 2年連続の受賞 -

・2021/03/31 野村信託銀行のオンプレミス上の半数以上のシステムを、Azure Site Recovery を活用し、短期間で移行 ※NRIサイトへ

・2020/12/16 野村総合研究所、ソニー生命がお客さまにリモートで新しい価値を提供するためのツールを共同で開発 -「ソニー生命アプリ」と、LINE を用いた安全なメッセージ交換機能を開発 -(システム基盤を Microsoft Azure 上で提供) ※NRIサイトへ

・2020/08/27 野村総合研究所、マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2020 「Application & Data Modernization アワード」を受賞 - Microsoft Azure による クラウド移行や、アプリケーションモダナイズといった様々な DX 案件を推進 -

※ 記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。
※ Microsoft、Azure、Active Directory は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。