2021年9月28日(火)~ 30日(木)に開催される「AWS Dev Day Online Japan」に、NRI社員の新井雅也が登壇します。Day 1 - 9月28日(火) 15:10 ~ 15:50 のセッション「AWS におけるアプリチームとインフラチームのコワーク設計」(セッションコード:B-2)で、「金融クレジットカード決済系ビジネスの立ち上げからシステム構築にあたり、AWS を通してアプリチームとインフラチームがどのようにコワークしていったのか」について、PCI DSS への準拠や、バッチ開発における責任分界点、IAM 設計などの具体的なポイントとエピソードを交えながら、ご紹介する予定です。

ぜひ、「AWS Dev Day Online Japan」および「AWS におけるアプリチームとインフラチームのコワーク設計」のセッションに、ご参加ください。


開催日程

- Day 1:9月28日(火) 13:00 ~ 18:35 (Track A/B/C、15:10 から セッショントラック B に 新井雅也が登壇)
- Day 2:9月29日(水) 10:00 ~ 18:55 (Track D/E/F、10:00 ~ 12:00 は ワークショップ)
- Day 3:9月30日(木) 10:00 ~ 18:55 (Track G/H/I、10:00 ~ 12:00 は ワークショップ)


参加申込

下記、「AWS Dev Day Online Japan」の公式 Webページの「今すぐ登録する」ボタンからご登録ください。

・AWS Dev Day Online Japan 9/28~30 開催!  ※外部サイトへ


AWS で最も Developer に特化したカンファレンス
"AWS Dev Day Online Japan" とは

- 新たな時代をリードする Developer のための テクニカルカンファレンス

開発者、開発エンジニア、Developer など、こう呼ばれるみなさんは 今 最も世の中から求められている人材です。そして知識とスキルのアップデートが不可欠のプロフェッションであるとも言えるでしょう。

「AWS Dev Day」は、皆さんが 今 押さえておくべき知識をアップデートし、ノウハウを共有し、さらなるスキルアップを実現する場として、毎年この初秋に開催し続けてきました。

2021年は、例年と比べてディープでエッジの効いたコンテンツを多数ご用意しました。進化を続けるサーバーレス、コンテナ、フロントエンド開発などの事例をはじめ、ドメイン駆動設計の徹底解説、機械学習、データ&アナリティクスなど、ここでしか聞けない情報が満載です。



セッションコード: B-2
"AWS におけるアプリチームとインフラチームのコワーク設計" について

[セッション概要]
金融クレジットカード決済系ビジネスの立ち上げからシステム構築にあたり、AWS(Amazon Web Services)を通して アプリチームとインフラチームがどのようにコワークしていったのかをお伝えします。

- クレジットカード業界の国際的なセキュリティ基準「PCI DSS」に準拠しつつも、開発スピードを落とさないコンテナ開発のあり方
- Step Functions は誰のもの? バッチ開発における責任分界点
- IaC と SAM で作成されたAWSリソースの共存
- 両チームがストレスフリーに AWS を利用するための IAM 設計

[登壇者]
株式会社野村総合研究所 新井 雅也

[ライブ配信日時]
Day 1 - 2021年9月28日(火) 15:10 ~ 15:50 (40分) - Track B

新井 雅也 - 2021 APN Ambassador, 2021 APN All AWS Certifications Engineer

新井 雅也
2021 APN Ambassador,
2021 APN All AWS Certifications Engineer


[セッション情報]
・AWS Dev Day Online Japan 9/28~30 開催 / #アジェンダ - セッション トラック:Track-B ※外部サイトへ


[セッションに関するトピック]
- 想定聴講者の役割・開発対象:Web バックエンド / サーバーサイド開発、DevOps / Infrastructure as Code(IaC)
- 開発トピック:アプリケーションアーキテクチャー、エンジニアリングプロセス、エンジニア組織のカルチャー、その他
- テクノロジートピック:サーバーレス、コンテナ、その他
- セッションに登場する主な AWS サービス:Amazon ECS、 AWS Fargate、 AWS Lambda、 AWS SAM、 AWS Step Functions、 AWS CodePipeline、 AWS IAM
- レベル:中級(セッションの中心となるトピックを触ったことがある方、現在勉強中である方)

※ PCI DSS:Payment Card Industry Data Security Standards の略称で、クレジットカード情報の漏えいを防止するために、国際ペイメントカードブランド 5社によって設立された PCI SSC(Payment Card Industry Security Standards Council)が策定するクレジットカード業界におけるセキュリティ基準のこと。


atlax の 関連ソリューション・サービス および NRIのエキスパート

野村総合研究所(NRI)は、AWS プレミアコンサルティングパートナーです。多数の顧客エンゲージメントや幅広い経験、顧客とのフィードバックやサクセスストーリーの収集を通じて、2013年に日本で初めて認定されて以降、8年連続で AWS プレミアコンサルティングパートナーに認定されています。

認定資格を有した経験豊富なシステムコンサルタントやテクニカルエンジニアが、コンサルティング、システム開発・運用、アナリティクスといった幅広い分野で、お客様の課題解決に AWS を活用し、DX の実現に取り組んでいます。

・atlax / ソリューション・サービス / AWS(Amazon Web Services)

・atlax / NRIのエキスパート / 新井 雅也 - AWS(Amazon Web Services)


セッションに登場する主な AWS サービス

Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS)

Amazon ECS は、完全マネージド型コンテナオーケストレーションサービスであり、コンテナ化されたアプリケーションを簡単にデプロイ、管理、スケールするのに役立ちます。また、AWS プラットフォームの他の部分と密接に統合され、クラウドや Amazon ECS Anywhere が備わったインフラストラクチャで、コンテナワークロードを実行する安全で使いやすいソリューションを提供します...

・Amazon ECS - Docker コンテナを実行および管理 ※外部サイト(AWSサイト)へ


Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS)


AWS Fargate

AWS Fargate は、Amazon Elastic Container Service (ECS)と Amazon Elastic Kubernetes Service (EKS)の両方で動作する、コンテナ向けサーバーレスコンピューティングエンジンです。Fargate を使用すると、アプリケーションの構築に簡単に集中することができます...

・AWS Fargate - サーバーやクラスターの管理が不要なコンテナの使用 ※外部サイト(AWSサイト)へ


AWS Fargate


AWS Lambda

AWS Lambda はサーバーレスコンピューティングサービスで、サーバーのプロビジョニングや管理、ワークロード対応のクラスタースケーリングロジックの作成、イベント統合の維持、ランタイムの管理を行わずにコードを実行できます...

・AWS Lambda - イベント発生時にコードを実行 ※外部サイト(AWSサイト)へ


AWS Lambda


AWS サーバーレスアプリケーションモデル(AWS SAM)

AWS サーバーレスアプリケーションモデル(SAM、Serverless Application Model)は、サーバーレスアプリケーション構築用のオープンソースフレームワークです。迅速に記述可能な構文で関数、API、データベース、イベントソースマッピングを表現できます...

・AWS サーバーレスアプリケーションモデル(AWS SAM) ※外部サイト(AWSサイト)へ


AWS Step Functions

AWS Step Functions は、AWS のサービスのオーケストレーション、ビジネスプロセスの自動化、サーバーレスアプリケーションの構築に使用されるローコードの視覚的なワークフローサービスです。ワークフローは、障害、再試行、並列化、サービス統合、可観測性などを管理するため、デベロッパーはより価値の高いビジネスロジックに集中することができます...

・AWS Step Functions - 分散アプリケーションの調整 ※外部サイト(AWSサイト)へ


AWS Step Functions


AWS CodePipeline

AWS CodePipeline は、完全マネージド型の継続的デリバリーサービスで、素早く確実性のあるアプリケーションとインフラストラクチャのアップデートのための、パイプラインのリリースを自動化します。CodePipeline は、お客様が定義したリリースモデルに基づき、コードチェンジがあった場合のフェーズの構築、テスト、デプロイを自動化します...

・AWS CodePipeline - 継続的デリバリーを使用したソフトウェアのリリース ※外部サイト(AWSサイト)へ


AWS CodePipeline


AWS Identity and Access Management (AWS IAM)

AWS Identity and Access Management (IAM)では、AWS のサービスやリソースへのアクセスを安全に管理できます。IAM を使用すると、AWS のユーザーとグループを作成および管理し、アクセス権を使用して AWS リソースへのアクセスを許可および拒否できます...

・AWS IAM - ユーザーアクセスと暗号化キーの管理 ※外部サイト(AWSサイト)へ


AWS Identity and Access Management (AWS IAM)



関連リンク

・2021/05/13 「2021 APN Ambassadors」および「2021 APN AWS Top Engineers」に、NRI社員が選出 
- AWS の技術力を発揮した活動・成果を通じて、クラウドの技術スキルを研鑽する NRIのプロフェッショナル -

・2021/05/13 NRIセキュアのセキュアファイル転送・共有サービス「クリプト便」が、クレジットカードの国際規格 PCI DSS の認証を取得 - 新機能「セキュリティ強化オプション - PCI DSS」を提供開始 - ※NRIサイトへ

・2020/11/10 開催「AWS 金融向けデジタルトランスフォーメーション(DX)事例紹介セミナー」に、NRI社員の新井雅也が登壇 - 事例セッション:金融 DX を加速させるための AWS コンテナ・CI/CD 活用事例 -

・2020/10/20 開催「AWS Dev Day Online Japan」に、NRI社員の新井雅也が登壇 - C-4:そのコンテナ、安全ですか? AWS x DevSecOpsで実践するコンテナセキュリティ -

・AWS Dev Day Online Japan 9/28~30 開催!  ※外部サイトへ

※ 記載された会社名およびロゴ、製品名などは、該当する各社の登録商標または商標です。
※ アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、AWS および ロゴは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※ APN:AWS パートナーネットワークの略称。アマゾン ウェブ サービス(AWS)を活用して、顧客向けのソリューションとサービスを構築している テクノロジーおよびコンサルティング企業向けのグローバルパートナープログラム。