大野真一朗

Profile

入社以来、アーキテクト・DB エンジニアとして金融・保険業向けのシステム開発案件を担当。

近年、企業におけるデータ活用の背景から、金融、保険、流通、製造等のさまざまな業界向けに AutoML を含む機械学習技術や、量子コンピューティングを含む最適化技術を活用した案件を担当。

- MCPC 量子コンピュータ推進 WG メンバー
- DataRobot Certified Data Scientist(国内第1号)
- DataRobot MVP of the year 2019

機械学習・最適化・AI活用
  • AI活用戦略策定
  • 機械学習技術・AutoML適用支援
  • 最適化技術適用支援(量子コンピュータ等)

McKinsey Global Institute の調査 によれば、AI を活用した市場の規模は 2030年までに 13兆ドルまで広がると予測されており、今後ますます、様々な領域で機械学習や量子コンピューティングを含む最適化技術の活用が広がる状況と考えます。

一方、AI のビジネス適用では、「ROI(投下資本利益率)が見込めるビジネステーマの検討」「活用可能なデータの整備や管理」「機械学習や最適化といった手法を使いこなす能力」の三者をうまく融合させる必要があり、この背景から AI 活用が進まない状況を多く目にしております。

NRIでは、ビジネステーマ検討を率いるコンサルタント、データ活用整備やインフラ提供を支える基盤エンジニア、そして各種手法を駆使して分析をご支援するデータサイエンティストが三位一体となって、お客様の DX(デジタルトランスフォーメーション)をご支援可能です。AI の分野は技術進化が激しく、最新技術の把握や活用に向けての継続的な検討が不可欠です。お客様の AI 領域への投資に際し、正しく・価値のある情報をご提供すると共に、AI を用いたビジネス現場の改善を、お客様に寄り添いご支援させて頂きます。


主要プロジェクト実績

- EC サイト需要予測モデルの検討と構築(小売業)
- 配送物流ルートの機械学習と最適化を用いた改善(製造業)
- 商業施設の収益性改善に向けた機械学習の活用検討(不動産)
- 貸付業務における債務不履行リスク算出モデルの検討(金融)
- 顧客行動の可視化と広告を含む顧客コミュニケーションの改善検討(食品、不動産)
- 量子コンピューティング及び周辺技術の調査、PoC


関連リンク

・atlax / ソリューション・サービス / 機械学習・最適化・AI活用

・atlax / ブログ / 2021年2月開催 量子アルゴリズムコンテスト「QHack 2021」に NRIが参戦!

・NRI JOURNAL / 量子コンピュータはビジネスをどこまで変えていけるのか - 未来を最適化する - ※NRIサイトへ

・NRI People / 大野真一朗 ※NRIサイトへ

※ 記載された会社名 および ロゴ、製品名などは、該当する各社の登録商標または商標です。
※ ROI:Return on Investment(投下資本利益率)の略で、総資本から事業活動(特定事業)への投下資本(運転資本などの流動資産、有・無形固定資産など)を選別し、投下資本に対してどれだけのリターンがあったのかを示した値のこと。

エキスパート一覧を見る