クラウド運用管理

クラウド・オンプレミスのメリットを最大限に活かして、ビジネスへ貢献する先進的なマルチクラウド運用の実現をサポートする「クラウド運用管理」と、様々な環境下のシステムを統合的に運営する「クラウドオペレーション」

クラウド運用管理

DX(デジタルトランスフォーメーション)化の潮流が加速する中、ビジネス展開のスピードアップやアジリティ向上を目的に、クラウドサービスを活用する企業が、近年増えています。一方で、「クラウドサービスごとに異なる管理ツール・運用プロセスを習得する必要があり、システム運用負荷が高まっている」という声を聞くことがあります。

マルチクラウド環境でのシステム運用の成功のカギは、クラウドサービスと既存のオンプレミス環境を分断しない運用スタイルを構築することです。クラウド・オンプレミスのメリットを最大限に活かして、ビジネスへ貢献する先進的なマルチクラウド運用の実現を全力でサポートします。

  • クラウド構成管理・ジョブ管理
  • クラウド監視・キャパシティ管理
  • クラウドコスト分析・KPI可視化


クラウドオペレーション

近年、企業における DXの取り組みが増え、企業の IT部門のミッションは、「壊れない設計(Design for Robustness)/24時間365日安定稼働させる運用」から、「壊れたら回復する設計(Design for Resiliency)/ビジネスへの最適な貢献をするような運営」へと変化しています。ただし、現状では、IT部門の限られたリソースで、従来のレガシーシステムと DX時代のクラウドシステムといった様々な環境下のシステムをマネジメントしていく必要があります。

お客様の DX時代への変革を見据えて、こうした様々な環境下のシステムを統合的に運営するマルチクラウド統合運用の実現をご支援します。

  • クラウドオペレーション計画策定・推進
  • システム運用アウトソース(イベント・障害対応等)
  • 運用マネージドサービス提供(24時間多拠点運用)


関連リンク

・atlax / NRIのエキスパート / 勝碕 繁 - クラウド運用管理

・atlax / NRIのエキスパート / 大久保 慶和 - クラウドオペレーション

・mPLAT(エムプラット)・運用基盤クラウドサービス - Senju Family をベースにしたシステム運用環境を SaaS型提供 - ※ NRIの Senju Family サイトへ


※ 記載された会社名 および ロゴ、製品名などは、該当する各社の登録商標または商標です。