AI 活用型運用

迅速かつ適切なシステム維持管理を実現するために不可欠な、AIOps を活用した運用プロセスのデジタル化・高度化など、DX(デジタルトランスフォーメーション)時代に求められる高度な IT 運用を、デザインから構築・継続的改善までトータルに支援

DX 時代では、IT システムの重要性がより高まっており、サービス停止を伴うシステム障害は企業の死活問題につながりかねません。 一方、IT システムはより複雑化し、高いスキルを持つエンジニアに属人化する傾向にあります。また、高いスキルを持つエンジニアへの属人性を排除し、迅速かつ適切なシステム維持管理を実現するためには、AIOps を活用した運用プロセスのデジタル化・高度化が不可欠です。

今後、さらなる IT 人材の不足が課題となる中、DX 時代に求められる高度な IT 運用をデザインから構築・継続的改善までをトータルにご支援します。

  • AIOps 導入計画策定・導入推進
  • インシデント対応高度化・SRE 支援ツール導入
  • 運用アナリティクス(ナレッジ化・対応自動化)


関連リンク

・atlax / NRIのエキスパート / 山崎 彰太 - AI 活用型運用

・NRI JOURNAL / システム運用の高度化にむけた取り組み - 属人性の Zero 化を目的に、新たな運用機能やプロセスの整備を実施し、「ZeroOps(ゼロオプス)」を構築 - ※NRIサイトへ


お問い合わせ

AI 活用型運用や ZeroOps、ソリューション・サービス全般に関するお問い合わせを承っております。


※ 記載された会社名およびロゴ、製品名などは、該当する各社の登録商標または商標です。
※ AIOps(エーアイオプス):Artificial Intelligence for IT Operations の略で、AI を活用した自律型運用の概念。
※ ZeroOps(ゼロオプス):Zero Operations Service の略で、属人化しがちな運用ノウハウについて AI(機械学習など)による運用プロセスのデジタル化を実現した NRIの運用デジタルソリューション。
※ SRE:Site Reliability Engineering(サイト・リライアビリティ・エンジニアリング、サイト信頼性エンジニアリング)の略で、システムの信頼性に焦点を置き、運用上の問題を解決するための技術や概念のこと。