atlax blogs
  • Microsoft Azure のはじめ方(契約編)

    ~ Azure の 契約形態、技術サポート、CSP、金融機関向け変更契約 ~

    - 2021/07/06

    畑寛之 - Microsoft Azure



こんにちは、NRIの畑と申します。今回は、Microsoft Azure の利用を始めたいとお考えの方に向けて、まず Azure の契約形態について解説いたします。

また、NRIが提供する CSP(Cloud Solution Provider)と呼ばれるプログラムについても、詳しく紹介したいと思います。



Microsoft Azure の契約形態

Azure を始めるにあたって、まず Microsoft 社との利用契約を結ぶ必要があります。様々な契約の種類が用意されており、個人や法人、利用規模、利用用途によって適したものを選択して契約していただきます。主な契約について下記に整理します。

Microsoft Azure の契約形態 - MOSP (Microsoft Online Subscription Program), オープン (Azure イン オープン プラン), CSP (Cloud Solution Provider), SCE (Server and Cloud Enrollment), EA (Microsoft Enterprise Agreement)

Azure を個人規模で利用する場合は、MOSP(Microsoft Online Subscription Program)という契約になります。クレジットカードを登録すればすぐに利用可能ですし、初回であれば無料枠も付いてきます。まずは手っ取り早く Azure を触ってみたいという方向けです。

会社で本格的に Azure を利用したいという場合は、利用規模や利用期間、Microsoft 社との契約有無等によって、様々な契約形態が用意されています。例えば、すでに Microsoft 365(旧称:Office 365)をお使いで、Microsoft 社と EA 契約を締結していれば、EA 契約の下でAzure を利用することも可能ですし、EA 契約は無いが新規で Azure を本格利用したい場合は、オープンや SCE という契約が用意されています。

さらに、CSP パートナーが提供する魅力的な付加価値サービスとともに Azure を利用したいという場合は CSP 契約という選択もあります。CSP については、後半でさらに詳細を説明いたします。

一概にこの契約が良いというものではありませんので、Azure の利用を検討されている場合は、Microsoft 社の相談窓口を利用されるか、一緒にビジネスをしているパートナーがいらっしゃれば、そちらに相談すると良いと思います。もちろん、当社にお問い合わせいただければ、ご支援させていただきます。

※ オープン:Azure イン オープン プランの略称。
※ SCE:Server and Cloud Enrollment の略で、サーバーおよびクラウド加入契約のこと。
※ EA:Microsoft Enterprise Agreement の略で、単一の契約でクラウド サービスとソフトウェア ライセンスを柔軟に購入できるプログラム。



Microsoft Azure の技術サポートについて

Azure を始める際には、Azure の利用契約と併せて、技術サポートについても検討しておく必要があります。Microsoft 社が提供するサポートプランについては、下記の表の通りです。利用用途に適したプランを選択してください。

Microsoft Azure の技術サポート - Basic, Developer, Standard, Professional Direct, Microsoft Unified Support (旧 Premier Support)

・Azure のサポート プランの比較 ※ 外部サイト(Microsoft Azure サイト)へ

Basic プランについては、課金やサブスクリプションに関する問い合わせは可能ですが、Azure サービスに対する仕様確認など技術的なサポートができない点にご注意ください。

実際に Azure 環境で様々なサービスを触りだすと、どうしても細かな仕様調査が必要になったり、想定通りに動作しなかったりします。その場合は、Developer プランの購入をオススメします。

さらに、Azure 環境上で業務サービスが本番稼働したり、その業務サービスが極めて重要なコアシステムである場合は、より手厚いサポートが必要になります。サポートプランは Standard, Professional Direct, Microsoft Unified Support とアップグレードすることができ、上位プランに進むにつれて、課題対応や緊急時対応のレベルが変わりますので、環境に適したサポートプランを選択してください。



CSP について

ここで、CSP(Cloud Solution Provider:クラウド ソリューション プロバイダー)について解説いたします。

CSP は、Microsoft の各種クラウドサービス(Azure, Microsoft 365 等)を、CSP パートナーとの利用契約の元で利用できるプログラムです。CSP パートナーは、ユーザーの Azure 環境を提供・管理すると共に、技術サポートや独自の付加価値サービスを提供します。

NRIは、CSP 1-Tier を取得しているため、Azure リセラーを介さず、Microsoft の各種クラウドサービスを直接お客様に提供することが可能です。

例として、NRI CSP をご利用される際の利用イメージについて説明いたします。

CSP で Azrue を利用する際、ユーザーは Micorsoft 社の基本的な契約条項(MCA, OST, SLA)に合意いただく必要がありますが、実際に Micorosoft 社と契約書を取り交わすことはありません。これらの条項は NRIとの利用契約の中で、NRIの付加価値サービス利用とあわせて合意いただく形になります。

■ MCA(Microsoft Customer Agreement:マイクロソフト顧客契約)

・Licensing Documents / Microsoft Customer Agreement ※ 外部サイト(Microsoft サイト)へ

※ 遷移先のページで、Geography(地域)、Language(言語)、Customer Type(顧客タイプ)を選択し、「Submit」ボタンを押すと、選択内容に応じた「マイクロソフト顧客契約」の Word 文書が表示されます。

■ OST(Online Services Terms:オンラインサービス条件)

・ライセンス条項(製品ライセンス条件) ※ 外部サイト(Microsoft サイト)へ

■ SLA(Service-level agreements:サービス レベル アグリーメント)

・サービス レベル アグリーメント ※ 外部サイト(Microsoft サイト)へ


Azure 環境は NRIより払い出されますが、その際に NRIの付加価値サービスも併せて申し込みいただいた場合は、付加価値サービスが付与された状態で、環境をお渡しすることも可能です。

また、Azure 利用料のご請求と技術サポートの提供も NRIから行われます。サービス内容や利用契約の詳細につきましては、NRI窓口までお問い合わせください。

NRI CSP (Cloud Solution Provider:クラウド ソリューション プロバイダー) - NRIの付加価値サービス

- Azure CSP 契約スキーム 概要(NRI CSP をご利用される際の利用イメージ)



金融機関向け変更契約(FSA)とは

EA 契約や CSP 契約において、ユーザーが金融機関である場合は、Microsoft 社から「金融機関向け変更契約(FSA, Financial Services Amendment)」を付帯することが可能です。

こちらは、以前は「M248」と呼ばれていたものです。現在はアップデートされ「M511」と呼ばれることもあるようですが、正式には「金融機関向け変更契約」と呼称します。

本契約は、監査要求などの監督官庁が定める高いコンプライアンス要件に対し、Microsoft 社の対応を明確化したものになります。本契約により金融機関のお客様にも、安心して Azure を利用いただくことが可能となります。

「金融機関向け変更契約」につきましても、詳細を確認したい場合は、NRI窓口までお問い合わせください。



最後に ...

今回は「Azure のはじめ方」と題して、まず知っておくべき利用契約と技術サポート契約について解説いたしました。これから Azure を始めたいという方に向けて、少しでも参考になれば幸いです。

NRIでは、CSP および Azrue の付加価値サービスを各種提供しています。

「自社システムを Azure 上で稼働させたい」「Azure を活用して DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進したい」といったご要望がございましたら、是非「atlax(アトラックス)」にお問い合わせください。Azure 活用の戦略策定から、技術課題、セキュリティ、統制管理など、様々な課題を解決しながら、お客様が目指す DX の実現をトータルでサポートいたします。

よろしくお願い致します。



お問い合わせ

atlaxでは、Microsoft Azure をはじめ、NRIの付加価値サービス、CSP 契約、金融機関向け変更契約、ソリューション・サービス全般に関するご相談やお問い合わせを承っております。




NRIの Microsoft Azure における取り組み

野村総合研究所(NRI)は、マイクロソフトの Gold コンピテンシー パ―トナーとして、コンサルティング、システム開発・運用、アナリティクスといった幅広い分野で、お客様の課題解決に Microsoft Azure を活用し、DX の実現に取り組んでいます。

また NRIは、「Cloud Platform」 「Application Integration」 「Application Development」 「DevOps」 「Data Analytics」のそれぞれの専門分野における技術力で、マイクロソフトにおける複数の Gold コンピテンシーを取得しています。

・atlax / ソリューション・サービス / Microsoft Azure ※カテゴリーTOPページ

・atlax / NRIのエキスパート / 畑 寛之 - Microsoft Azure



関連リンク

・2021/07/15 野村総合研究所、マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2021 「Retail & Consumer Goods アワード」を受賞 - 2020年の「Application & Data Modernization アワード」に引き続き、NRIは 2年連続の受賞 -

・2021/03/31 野村信託銀行のオンプレミス上の半数以上のシステムを、Azure Site Recovery を活用し、短期間で移行 ※NRIサイトへ

・2020/12/16 野村総合研究所、ソニー生命がお客さまにリモートで新しい価値を提供するためのツールを共同で開発 -「ソニー生命アプリ」と、LINE を用いた安全なメッセージ交換機能を開発 -(システム基盤を Microsoft Azure 上で提供) ※NRIサイトへ

・2020/08/27 野村総合研究所、マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2020 「Application & Data Modernizationアワード」を受賞 - Microsoft Azure による クラウド移行や、アプリケーションモダナイズといった様々な DX 案件を推進 -


※ 記載された会社名およびロゴ、製品名などは、該当する各社の登録商標または商標です。
※ Microsoft、Azureは、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。