2020年10月23日(金)に、NRI社員の新井雅也・小林隆浩が寄稿した記事「なぜ金融系プロジェクトで先進のコンテナ技術を選択したのか」が、ITエキスパートのための問題解決メディア「@IT」で公開されました。この記事は、NRI社員の新井雅也・海内映吾・小林隆浩・澤頭 毅の4名が寄稿する連載「巨大SIerのコンテナ・Kubernetes活用事例」の第2回の記事となります。

「巨大SIerのコンテナ・Kubernetes活用事例」の連載記事については、今後も定期的に寄稿 および 記事の公開を予定しております。ぜひご覧ください。


「巨大SIerのコンテナ・Kubernetes活用事例」の連載記事について

・@IT /「巨大SIerのコンテナ・Kubernetes活用事例」の連載記事一覧 ※外部サイトへ

※ 連載記事は、@ITの会員限定のコンテンツです。「会員登録(無料)」をすると、記事を全てご覧いただけます。「次回の掲載をメールで受け取る」設定を行うこともできます。

第2回:なぜ金融系プロジェクトで先進のコンテナ技術を選択したのか

[公開日] 2020年10月23日
[著者] 新井雅也・小林隆浩
[記事紹介文] NRIのコンテナ・Kubernetes活用事例について紹介する本連載。第2回はFinTechサービスをクラウドやコンテナで支援した事例を紹介する。(AWS 利用で、Amazon ECS を採用した事例)

・@IT / 巨大SIerのコンテナ・Kubernetes活用事例(2)/ なぜ金融系プロジェクトで先進のコンテナ技術を選択したのか ※外部サイトへ

第1回:安定志向のNRIが変化の激しいKubernetesを推進する理由

[公開日] 2020年9月24日
[著者] 小林隆浩
[記事紹介文] さまざまな顧客のシステム開発や運用に関わる中で、NRIはコンテナ技術やKubernetesに積極的に取り組んでいる。本連載の初回はNRIが抱える組織や文化の課題を整理し、Kubernetesに期待していることを紹介する。

・@IT / 巨大SIerのコンテナ・Kubernetes活用事例(1)/ 安定志向のNRIが変化の激しいKubernetesを推進する理由 ※外部サイトへ


関連リンク

・NRIのエキスパート / 新井 雅也 - AWS(Amazon Web Services)-


※ 記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。
※ アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、AWS およびロゴは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※ Kubernetes(クーベネティス): オープンソースのコンテナオーケストレーション用のツール。現在利用されているコンテナオーケストレーションツールの中でも、多くのシェアを持つ代表的なツールとなっている。