新井雅也

Profile

大手インターネット銀行向けのシステム再構築プロジェクトのシステム設計・構築を担当。その後、金融系システムのサービス設計・開発を担当。

現在、主にクラウド(AWS)案件の設計・構築・運用と、それに関わる支援に従事。最近では、AWS 社外コミュニティ(JAWS‐UG)での登壇や、個人での執筆等にも注力。

AWS 社により、以下に認定されている。
- 2021-2022 AWS Partner Ambassadors
- 2020-2022 APN AWS Top Engineers
- 2021-2022 APN ALL AWS Certifications Engineers
- AWS Well-Architected Lead
- AWS Hero(AWS Container Hero)

AWS(Amazon Web Services)
  • 活用戦略策定
  • 導入・活用推進
  • 技術支援

AWS(Amazon Web Services)は 2006年にサービスローンチされ、2011年に Tokyo リージョンが開設されて以来、IT サービスに対するコスト削減、導入の迅速化、リソース利用の柔軟化が非常に容易になりました。また、AWS は多方の業界でイニシアチブをとり、ビジネス創出の実績を築いてきました。日本でも政府がクラウド・バイ・デフォルト原則を掲げ、政府共通プラットフォームにおいても AWS の利用を前提に進められており、その他の業界でも同様に、今後 AWS の活用がより一層進むものと考えられます。

現在、AWS では毎年多くのサービスが提供され、その数は 170 以上となっています。出来ないことを見つける方が難しいほど、組み合わせの柔軟性が高くなった一方、各サービスに対する特徴やユースケースへの理解だけでなく、お客様のビジネス要件に寄り添った形で、最適に組み上げることが必要不可欠です。

AWS では、各サービスを組み合わせてビジネスをつくり上げるスペシャリストを、Builder と表現しています。過去の金融システム案件に対する経験やスキルを存分に発揮し、Professional Builder として、全力でお客様のビジネスをご支援いたします。


主要プロジェクト実績

- インターネットバンキングシステム更改(金融)
- 共同利用型インターネットバンキングシステム更改(金融)
- 送金スマホアプリ開発(金融)
- 決済スマホアプリ管理業務向け AWS 設計・構築(金融)
- AWS MSP プログラム(VCL4.0)認定支援 ※日本初の取得
- 金融系スマホアプリ開発(PoC:概念実証)


関連書籍・寄稿・ブログ

・atlax ブログ / 書籍『AWSコンテナ設計・構築[本格]入門』のご紹介 - NRIの 新井 雅也・馬勝 淳史 による共著、NRIネットコムの 佐々木 拓郎 が監修(SBクリエイティブ出版)-

・atlax ブログ / 月刊誌『Software Design 2022年5月号』に NRI社員の 新井 雅也 が寄稿 - コスト管理も まずはここから! AWS のサービス・料金体系 総ざらい。料金体系の基本を押さえて、コストの発生源を知ろう -

・atlax ブログ / 初の NRI社内向け AWS GameDay に 100名近くが参加しました

・atlax ブログ / AWS GameDay Online - APN杯 vol.2 - に参加&受賞しました

※ APN:AWS Partner Network(AWS パートナーネットワーク)の略称。アマゾン ウェブ サービス(AWS)を活用して 顧客向けのソリューションとサービスを構築しているパートナーの グローバルなコミュニティのこと。



登壇・セッション

・2022/06/08 開催「Data Analytics / Database OnAir」に、NRI社員の 新井 雅也・馬勝 淳史・西村 忠己 が登壇 -サービス比較検証から探る AlloyDB の真価 -

・2021/09/28 開催 AWS で最も Developer に特化したカンファレンス「AWS Dev Day Online Japan」に、NRI社員の 新井 雅也 が登壇 - B-2: AWS におけるアプリチームとインフラチームのコワーク設計 -

・2020/11/10 開催「AWS 金融向け デジタルトランスフォーメーション(DX)事例紹介セミナー」に、NRI社員の 新井 雅也 が登壇 - 事例セッション:金融 DX を加速させるための AWS コンテナ・CI/CD 活用事例 -

・2020/10/20 開催「AWS Dev Day Online Japan」に、NRI社員の 新井 雅也 が登壇 - C-4:そのコンテナ、安全ですか? AWS x DevSecOps で実践するコンテナセキュリティ -

・2020/10/08 開催「Google Cloud Anthos Day」に、NRI社員の 米川 賢治・新井 雅也 が登壇 - GCP で実現するセキュアなコンテナ CI/CD on GKE の追求 -

※ CI/CD(継続的インテグレーション / 継続的デリバリー):アプリケーションのリリース頻度を高めるための手法のこと。CI(Continuous Integration)は、ビルドやテストを自動化する手法。CD(Continuous Delivery)は、デプロイ(運用環境への配置)から リリース準備までの作業を自動化する手法を指す。
※ GKE:Google Kubernetes Engine の略称で、高いセキュリティを誇り、革新的な Autopilot の運用モードを備えたフルマネージド Kubernetes サービスのこと。



関連リンク

・atlax / ソリューション・サービス / AWS(Amazon Web Services)

・2022/05/26 「2022 Japan AWS Partner Ambassadors」および「2022 APN AWS Top Engineers」に、NRI社員が選出されました - AWS の技術力を発揮した活動・成果を通じて、クラウドの知識や技術スキルを研鑽する NRIのプロフェッショナル -

・2022/03/29 野村総合研究所の 新井 雅也 が、AWS ヒーローに認定 - コンテナ技術の普及と促進に貢献してきたことが評価され、日本人として 2人目の AWS コンテナヒーローに -

・2021/05/13 「2021 APN Ambassadors」および「2021 APN AWS Top Engineers」に、NRI社員が選出されました - AWS の技術力を発揮した活動・成果を通じて、クラウドの知識や技術スキルを研鑽する NRIのプロフェッショナル -

・2020/11/12 @ITの連載「巨大SIerのコンテナ・Kubernetes活用事例」の紹介 - NRI社員の 新井 雅也・海内 映吾・小林 隆浩・澤頭 毅 が寄稿 -

・2020/06/02 「APN Ambassadors 2020」および「2020 APN AWS Top Engineers」に、NRI社員が選出

・NRI People / 新井 雅也 ※NRIサイトへ

※ 記載された会社名およびロゴ、製品名などは、該当する各社の登録商標または商標です。
※ アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、AWS および ロゴは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※ Google Cloud、Looker、Apigee および BigQuery は、Google LLC の商標です。

エキスパート一覧を見る